映画『チョコレートドーナツ』を観てきました!

  • 2014.05.09 Friday
  • 16:57
 横浜市泉区領家2丁目でやっている『鍼灸・整体 楽々』です。領家中学校前のバス停から徒歩2分の所にあります。ぜひ、ご来院ください。


 今日は初夏日…とかなんとかニュースで言ってました。気温25℃でそう言うみたいで。いつの間にそんな言葉ができたのやら(笑)

自分が学生の頃は25℃もあれば十分に真夏な気分でしたけどねー!時の経つのは早いものです、ホントに。


 久々に映画を観てきました。公開したら観に行こうと思っていた『チョコレートドーナツ』伊勢佐木町のジャック&ベティまで♪

GW前から公開していたのですが…きっと混んでいると思い、我慢して(笑)GW明けで平日、日中なら空いているはず!(基本、混んでいるとこが苦手なもので)

そんな予定で行ったのに…

なんか、並んでます(泣)待つのも好きでない自分は開始10分前に行ったため…空いてる席が前の方しかなく、2列目で観ることに。こんな前で観るのは初めてだよ。

まさかここまで混んでいるとは!


すごく評判が高い映画であるのは分かっていた『チョコレートドーナツ』

1970年代のアメリカでの実話をもとに作られた同作。まだ同性愛に対して差別や偏見が強かった頃の話。育児放棄された子供とゲイのカップルが織りなす家族のカタチ…と、それに対する『常識』『多数』という社会の目。
愛情って?正しいって?信念って?色々なものを問われる感じがした映画でした。


 多少、ネタバレ的になってしまうのかもしれないのですが…

自分は映画前半はどの辺りがこの映画の評価が高いかが疑問でした(笑)別に自分的には同性愛者に対して差別したりするつもりはないが、性的な興味は全くないため理解しにくく。
Hシーン的なものや2人の話し合いなど感情移入が全く出来ない上に…

育児放棄されたダウン症の子供を引き取るあたりは全くもって理解できない感じでした。同性愛者なら理解できるのか…とか思いながら。

たしかにいったん引き取られた子供は幸せそうにこの2人と暮らしているのは分かる。まぁ、これはこれで家族のカタチなのかな…と思った所から、話は急展開へ。

子供はまたも2人から離され施設へ。2人は養育権を勝ち取る為に裁判へ…

 その裁判は、まるで勝ち目のないもの。
そもそも自分達の本当の子供でない上に、2人は同性愛者。圧倒的に少数派なだけでなく差別や偏見とも闘わなくてはならない。それでも頑張って裁判をしていく2人。
もう観ているこちらが嫌になるほどの、裁判官と検察の『いかに同性愛の2人が子供に悪影響を与えているか』というやり取り。2人に冷静さを失わせて神経を逆撫でさせ失言を引き出すだけなような。多数派に立っている差別は自覚がなくても、どれだけ悪意に満ちているか。

 ここでこれまで冷静さを保っていたポール(2人の彼役?のような人)が激昂して放った言葉で自分はこの映画にグッと心を掴まれた感じがしました。

 『子供のことを1番に考えてくれ!自分達2人の性的嗜好のことばかり並べて、いったいどうするのか!!』

おそらく『子供を育てるのに必要なのは愛情や責任で、性別は関係ない』『本当に大事なことを優先させること』彼の力強い主張はそう訴えているようでした。

少数派だから悪いわけでもなければ差別を受けて良いはずもない。世の中の多数派が正しいとも限らない。子供には幸せになる権利がある。正しい事ってなんなんだろう?

…本当に大切なものが何かを分からせてくれた!
映画の後半は共感の涙でいっぱいでした。

ハッピーエンドが好きで、チョコレートドーナツが好きな子供、、
全て観終わった後にいろんな伏線やらに気づく部分と、どうしようもない悔しさが残るけれども、本当に貴重な映画を観る事が出来た。そんな気持ちです。

あまり多くの映画館で公開してないようだけど、子供がいるいないに関わらず是非オススメしたい映画、『チョコレートドーナツ』でした。



今日も読んで頂いてありがとうございました。またのお越しをお待ちしています。



人気ブログランキングに参加しています。

この映画を少しでも観たくなった方、ぜひポチッとお願いいたします♪♪


人気ブログランキングへ

横浜市泉区『鍼灸・整体 楽々』

ホームページはこちら→http://rakuraku0402.jugem.jp

今後に観たいものとして

  • 2013.12.16 Monday
  • 16:50
 横浜市泉区領家2丁目でやっている『鍼灸・整体 楽々』です。領家中学校前のバス停から徒歩2分の所にあります。ぜひ、ご来院ください。


 なんと!今日は自分の誕生日!

ハッピバースデートゥーミー♫とか歌うとむなしくなるので…誕生日ネタ終わり(笑)


 いよいよ…迫って参りました。今週末、とうとう公開になるのが『永遠の0』
もうね、泣きに行ってきますよー!というくらいに、かなり期待しています。

原作を読んでますが…それはそれで涙ぽろぽろ。さて映画ではどうなることやら。

と、『永遠の0』を観に行く前に観たいのが、というかまだ観ていないのが『清洲会議』
言わずと知れた三谷映画です。こっちには笑いを期待(笑)

 今月はこの2本を観ようかと。

…ルパンVSコナンも実は気になっているんですけどね(汗)



今日も読んで頂いてありがとうございました。またのお越しをお待ちしています。



横浜市泉区『鍼灸・整体 楽々』

ホームページはこちら→http://rakuraku0402.jugem.jp

映画『悪の法則』を観てきました

  • 2013.12.09 Monday
  • 17:05
 横浜市泉区領家2丁目でやっている『鍼灸・整体 楽々』です。領家中学校前のバス停から徒歩2分の所にあります。ぜひ、ご来院ください。


寒い寒いと言い続けていたら、日に日に気温は下がり。

いつのまにやら暖房をつけるのが当たり前に…もう、冬ですね!


 さて、『悪の法則』観てきましたよ…監督リドリー・スコットにキャメロン・ディアス、ブラッド・ピット、ペネロペ・クルス、マイケル・ファスベンダーなどの超豪華キャストのこの作品。

はっきり言って、豪華キャストを揃えるって…個人的には失敗作が多いように思うけど、これはどうなのか?という気持ちで観に行きました。

 で、何より思ったこと!この邦題はなんとかならなかったのかな…普通に訳せばいいのに。
とか思ったり(笑)

基本、ダークな映画です。豪華キャストに目を奪われて観に行くと、痛い目みるのは必至かと。
無駄に力の入ったエッチシーンやちょいグロシーンはともかくとして、説明不足としか言いようのないほど、淡々と話が進んでいきます。たぶん色々な所に伏線があり、でも普通のワンシーンにも見えるので気を抜いていると訳も分からず終わってしまうかも(笑)

すごくざっくりと言ってしまえば、人の欲望の末路をサスペンス映画として見せてくれる映画です。救いようのない話で、ある意味、底なし沼に入り込んでしまって助からない者を見せられる…観客に対するイジメか?ともとれそうな。

でも、選択を間違えると…もしかしたら自分も?と我が身を振り返りたくなるような、なかなかゾクゾクする映画でございました。


まぁ…もう一回は観ていいと思うけども、今度は映画館でなく家で観たいなぁ。



今日も読んで頂いてありがとうございました。またのお越しをお待ちしています。


横浜市泉区『鍼灸・整体 楽々』

ホームページはこちら→http://rakuraku0402.jugem.jp