アイス・バケツ・チャレンジに首相指名って?!

  • 2014.08.23 Saturday
  • 09:53
 横浜市泉区領家2丁目でやっている『鍼灸・整体 楽々』です。領家中学校前のバス停から徒歩2分の所にあります。ぜひ、ご来院ください。



 最近、世界的に広まりをみせているのが『アイス バケツ チャレンジ』というもの。

その内容というのが、ALS(筋萎縮性側索硬化症)という病気に対しての寄付を募るというものです。誰かからの指名を受けて、バケツに入った氷水をかぶるか・100ドル(約1万円)を寄付するか…となっています。

もともとは、ALSの患者さんを笑わそうとして氷水を頭からかぶった、というところから始まったそうです。

 そもそもALS(筋萎縮性側索硬化症)とはどんな病気なのかというと…脳の錐体路というところの上位運動ニューロンと下位運動ニューロンが広範囲にわたって障害されるというものです。具体的にどんな症状なのかというと、重篤な筋肉の萎縮と筋力低下を起こし、だんだん動けなくなり最終的には呼吸筋麻痺になり死に至るという神経変性疾患です。また、極めて進行が速く(発症から3〜5年で死亡するケースが多い)現在も治療に対して有効な薬などがないこともあり、日本では1974年に特定疾患に認定された指定難病です。

と、そんな病気に対してアメリカで先月から始まったのが『アイス バケツ チャレンジ』というチャリティーなわけです。上にも書いた通りで、氷水をかぶるか・100ドルの寄付の選択となってはいますが、ほとんどのかたは両方やっていると思われるのですが…始まった当初と現在ではかなり意味合いが違っているように思えてならないのです。

 最近では連日『〜さんが氷水をかぶった!』というニュースがいろいろと流れています。それをブログやらツィッターやら動画やらで世間に公表しているわけですが。なんだかALSに対してのチャリティーというより、氷水をかぶっての売名行為か?!としか思えないように見えてしまってしょうがないです。

この『指名されて』というチャリティーなのに強制してるのも「なんだかなぁ…」という感じですし、指名するというのもチェーンメールというか不幸の手紙というかそんなものを連想させてしまうのも残念です。しかも氷水をかぶるのがメインになってるとしか思えないALSの扱いの低さ!いったい何の為のチャリティーですか?という疑問すら浮かんでしまうのはどうかと思うのです。

 先日、国会議員の、みんなの党・浅尾代表が氷水をかぶって次の指名に安倍首相を指名したそうです。はっきり言ってバカなのかと。あきらかにこのチャリティーを利用した売名行為以外なにものでもない、としか言いようがないです。しかも、先日、広島で災害があってのこんな時期に指名とか…本当に何を考えているんだか。指名された首相も困っているでしょうね(笑)

毎年この時期に、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を支援する団体等に集まる寄付金と比べると10倍近くもの金額になっているそうで、そういう意味ではチャリティーとしての『アイス バケツ チャレンジ』は大成功なのでしょう。

ただ、どうせやるなら…もっと患者さんの気持ちも汲むような、病気に対して理解を深めていくような、そういう部分も取り上げてほしいものです。今回、氷水をかぶった方々やニュースを見た人達がこの先もALSを覚えていると本当にいいと思いますね!



今日も読んで頂いてありがとうございました。またのお越しをお待ちしています。



人気ブログランキングに参加しています。今回の首相を指名する…と言う行為に違和感を覚えた方はぜひクリックをよろしくお願いします。


人気ブログランキングへ

横浜市泉区『鍼灸・整体 楽々』

ホームページはこちら→http://rakuraku0402.jugem.jp

スポンサーサイト

  • 2018.05.05 Saturday
  • 09:53
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック